MENU

糸や布が好き!尾州ラヴァ―map…一宮まちなかマップ(一宮まちなか未来会議「情報発信部会」より)

2022年度に一宮まちなか未来会議「情報発信部会」で作成したマップ3つのうちの一つです。

\糸や布が好き!/
尾州ラヴァ―MAP

一宮駅から真清田神社まで徒歩8分 駅から歩いて巡れる尾州マップ

尾州とは

愛知県一宮市を中心に愛知県尾張西部エリアから岐阜県西濃エリアが「尾州」と呼ばれる毛織物の産地です。この一帯が産地として栄えた理由はさまざまですが、「尾州」を流れる木曽川がもたらす自然の恵みによるところが大きく肥沃な土地、豊かな水、人の交流を含み、古くから日本最大の毛織物産地として知られ、その規模は 国内毛織物生産量の6割以上を占めています。尾州でつくられた上質な織物は国内外で使用されており生地の産地名は出ずとも、誰もが知る海外の有名メゾンで尾州の生地が使われていることも!

出典:公益財団法人 一宮地場産業ファッションデザインセンターHP

「尾州」でここは外せない!まずはここから

①服織神社(真清田神社内)

「真清田神社」内にあり「織物の神様」として信仰を集めています。近年では「縁結びの神様」としても人気。

②真清田神社前繊維街 

「せんいのまち一宮」らしく「糸」などが買えるお店が並ぶエリア。神社の塀とお店が一体化している様子も必見。

③Lococo *要予約 

尾州生地×ロリィタファッションを組み合わせた「尾州ロリィタ」の聖地。ロリィタカルチャーを体験できるサロン。

④Re-TAiL 

尾州生地を見て触って購入できます。個性豊かなお店やアトリエが入居する 1933年築のレトロビルで建物も必見。

⑤豊島記念資料館 *要予約

繊維産業にまつわる貴重な織機や撚糸機などが展示されています。旧一宮市立豊島図書館に入れるという特別感も!

⑥結び小路 

戦後、 織物問屋街だった様子も残る「布地」などが買えるエリア。飲食店なども豊富で飲み歩きにもぴったり。 

★のこぎり屋根の風景 

尾州産地らしい景色といえば「のこぎり屋根工場」。街なかに点在するのこぎり屋根を見つけてみてください。

モーニングや味噌煮込みといった尾州の文化と切り離せないソウルフードや尾州のおみやげも

①一宮市観光案内所

尾州のおみやげも買える

②ぼくぼく

老舗シュークリーム店 

③安藤鰹節店

鰹節を使った無添加おやつ 

④太田屋 本店

出汁香る味噌煮込みうどん 

⑤馬酔木

レトロな純喫茶 

⑥com-cafe 38ya

138ブレンドコーヒー 

⑦一宮ブルワリー

4坪のクラフトビール工房 

車や公共交通機関を使ってもっと尾州♡を深めては?

【一宮駅より西側エリア】

新見本工場

尾州の産直服屋

木玉毛織株式会社 

ガラ紡工場見学ツアー*HPより要予約 

新見本工場と木玉毛織株式会社は、同敷地内 名鉄バス路線番号26・27西萩原下車

墨会館 

丹下健三建築・見学可能 名鉄バス路線番号20・21尾張中島下車

葛利毛織工業株式会社 

国の登録有形文化財・内部見学*要予約 名鉄尾西線/玉ノ井下車

のこぎり二 

のこぎり屋根を利用したアートギャラリー 名鉄バス路線番号20・21・26・27篭屋下車

【東側エリア】

NuNoN

カワイイ尾州の布や小物 

せんい団地

渋ビルのテーマパーク 

NuNoNとせんい団地は同エリア 名鉄バス路線番号56・57一宮せんい団地下車

編集・発行 一宮まちなか未来会議 info.immk42@gmail.com

designed by 森りょうこ

関連する記事

2023.11.18

アート部会

一宮の“まちなか・まちづくり”にコミットしませんか… 公共空間・地域資源活用・情報発信・アートの4部会会員募集(一宮まちなか未来会議)

一宮まちなか未来会議  「一宮まちなか未来会議」は、一宮市のまちづくりの中核を担っている「まちなか」(中心市街地)を、多様な主体の積極的な参画や連携、共鳴により、車から人が主役となり居心地が良く歩きたくなるウォーカブルな…